青嶺閣(丹野七兵衛旅館)


青嶺閣物語②

 振出しに戻り事実関係を押しなべて見ると、名号館の建立がおおよそ150年前明治時代の初めころなので、設計コンテンツは間違いなく江戸時代からの流れになります。それは丹野家にとって24代当主(丹野七兵衛)のころ、その意向により丹野七三郎は屋号主となり治めることになるのですが、何故か建立されたその建物物はまぎれもなく「神社」でした。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8