青嶺閣(丹野七兵衛旅館)


青嶺閣物語③

 この建立された名号館という名前の「神社」。これからおおよそ30年間多くの人に親しまれることになりますが、その後またもや変化が現れます。それは「移設」。。つまり曳まいにて建物を移動したのです。

    ↑

真ん中にある小さな建物は現在の名号の湯、つまり共同浴場です。(現在は川崎町が管理しているプライベート温泉です)

その左側にあるのが名号館ですが、例の象の彫り物(木鼻)があります。

それが、大正時代になると

   ↓ 曳まいにより移動されて手前に新しく建築物が作られます。

               ↑

 よくみると入口にあった名号館が奥に(象がいます。)

手前には新しい建築物が(現、通称「大正館」)建立されてます。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8